Japanese / English

弘前大学食料科学研究所と青森市との合同記者会見について

2014年7月24日

 平成26年7月24日(木)に,本研究所が設置された青森市の青森市役所柳川庁舎において,食料科学研究所の今後の活動について,青森市と合同記者会見を行いました。合同記者会見には,本学から,大河原社会連携担当理事・副学長,嵯峨食料科学研究所長が,青森市から鹿内青森市長,小野寺農林水産部長が出席されました。

 合同記者会見にあたって,大河原社会連携担当理事・副学長からは,「平成26年4月に4人の教員が揃ったことで,研究活動が本格的に動き出しており,今後は研究成果を地域と世界に発信していきたい。」と,鹿内青森市長からは,「研究所の活動及び成果に期待しており,要望・提案には積極的に対応し,食料科学研究に市としての役割を果たしたい。」と挨拶がありました。また,嵯峨食料科学研究所長からは,「①『高度で先端的な基礎研究による食料科学領域学術拠点の形成』,②『産学官金の連携による地域振興」,③『北日本農林水産物の成長戦略と国際化』の3つの目標を掲げ,活動を進めており,来年には成果を出していきたい。」と今後の活動について説明があり,記者からの質疑応答を行いました。

 合同記者会見に引き続き行われた食料科学研究所の施設見学では,担当教員から実験内容について説明がありました。

合同記者会見の様子

20140724press01

20140724press02

更新記事カテゴリー

刊行物のご案内