Japanese / English

深浦町との間で連携・協力に関する協定を締結しました。

2014年7月22日

 本学食料科学研究所は,深浦町との間で,相互の発展に資するため両者が包括的な連携のもと,農林水産物に関わる高機能ブランド化,地域資源調査,地域資源研究開発及び新産業創出等の分野において相互に連携・協力する協定を平成26年7月22日に締結しました。

 深浦町役場で行われた協定書調印式には,深浦町から吉田町長,菊池副町長,坂本教育長が,本学から大河原社会連携担当理事・副学長,羽田副理事,嵯峨食料科学研究所長が出席し,吉田町長と嵯峨食料科学研究所長が協定を締結しました。

 調印にあたって,吉田町長からは,「少子高齢化・過疎化に伴う人口減少の対応策として,本協定の締結により産学官連携を強めて,地域振興を加速させたい。」と,嵯峨食料科学研究所長からは,「自然豊かな深浦町で,①マグロのブランド力推進,②サーモン養殖の可能性調査,③モズク・エゴノリ等の未・低利用海藻の高機能ブランド化の3つのプロジェクトを進めたい。」とそれぞれ挨拶がありました。また,大河原社会連携担当理事・副学長からも「深浦町は,教育,研究,地域活性化の点で大変魅力的な地域であり,本協定の締結に感謝している。」と挨拶がありました。

 これまでも,深浦町とは様々な協力関係を進めてきましたが,食や地域貢献に関する協力を加え,更なる連携を図っていくことが期待されます。

 
2014.7.22fukaura022014.7.22fukaura01

更新記事カテゴリー

刊行物のご案内